PROFILE

MIYAKO


1990年 大阪府大阪市生まれ
幼少期より音楽に興味を持ち、3歳の時にピアノを習い始める。「一人で伴奏からメロディまで補える」というピアノの楽器としての魅力に惹かれ続ける少女期を過ごし、中学生の時にはロマン派と言われるショパンやリストなどを弾きこなす。
その後もクラッシックに没頭する高校生活を送り、この頃最も影響を受けた作曲家はラフマニノフ。
18歳の夏にギターに初めて触れ、その感覚が忘れられず大学入学後本格的にギターのトレーニングを積む。
クラッシック独特の「音楽理論感」を持ち合わせていたため、全て独学でギターをマスターしようと志し、ギター教本を探す中 目に留まったのが「地獄のメカニカルトレーニング 」シリーズ。 ヘヴィメタルのクラシカルな難解フレーズを学ぶ中、イングヴェイ・マルムスティーンやポールギルバート等のギターヒーローやメタリカ等の王道メタルバンドを知ることとなり、メタルを幅広く聴き、コピーするようになる。

20歳の時知り合いの紹介をきっかけにバンドに加入しバンド活動を始める。2013年よりa DROP OF JOKERと改名し、精力的に活動をする。

a DROP OF JOKERではギタリストとしてだけではなくコンポーザーとしての役割も担い全曲作編曲していた。
そんな音楽的経験も積む中で、その活動がex.SIAM SHADE のNATCHINの目に止まり、2014年 彼が新たに結成するバンド「21g」に加入する。
その後2015年には音楽活動の一つの目的だった東京への上京を果たし、ギタリストとして精力的に活動を続ける中、幼少期より培った音楽観 様式美観と、コンポーザーとしての技量をかわれ、ガールズメタルバンド「LOVEBITES」に加入。ビクターよりメジャデビューを果たす。
2017年 春、あるイベントの出演で共演した上木彩矢と、NATCHINや共に繋がりのあった音楽プロデューサーを介し、女性2人組ロックユニット「SONIC LOVER RECKLESS」を結成。

2018年1月末、アメリカLAで毎年行われている「NAMM SHOW」へ初参加。LUNASTONEブースで毎日デモンストレーションを行い注目を集める。

同年4月「mi-ya」から「MIYAKO」へ改名する。
ソロや21g 、SONIC LOVER RECKLESSでは「MIYAKO」表記。LOVEBITESでは「miyako」表記。

LOVEBITESは2018年夏にドイツの世界最大級のメタルフェス「Wacken Open Air」や、イギリスの有名メタルフェス「Bloodstock Open Air」にも出演が決定しておりワールドワイドな活動が期待されている。